分からないから分かるに変わる
英語の勉強をすると文法は絶対勉強しますよね。
英語の文法を日本語で勉強するので、その文法用語が何を意味してるか理解しないといけません。

現在進行形はどうゆう意味か?
動詞の過去分詞形とは?
など、用語を理解していないと意味も分からないし、文も作れません。
学校の授業では、
動詞の過去分詞形にして~
これは形容詞だから~
など、説明も理解できなくなります。

いったん、理解できなくなると、授業や英語がつまらなくなってしまいます。
分からないことを理由もなく「ただ覚える」のは大人でも苦痛ですよね。
逆に言うと、「分かってる」ことに関連した内容は、頭に入ってきます。
今、苦手なところを一生懸命勉強するよりも、分かるところからやるほうが理解も早いですし、気持ちよく勉強できます。


どこが分からないか探すのは、結構大変です。

「教科書をどこまでさかのぼればいいか」

「いちから、確認していくか」

時間がもったいないですね。


グリッターのオンライン授業では日々の授業からでも、過去に勉強したところで理解できてないところが分かります。

関連した内容の「分かる」が増えていきます。

「分かる」が増えると、生徒の学習意欲も高まり、勉強が楽しくなります。