覚えると役立つこと
英語の勉強をするにあたって、知っておくと役にたつことがあります。

「その単語の品詞は何か?」です。

国語の時間に聞いたことあるかもしれません。
英語の品詞には、名詞、動詞、形容詞、副詞、前置詞、接続詞、冠詞、感動詞があります。
単語ごとに単純に覚えるしかないので大変ですが、いろいろ役に立ちます。

まずは、リーディングの手助けになります。

文が長くなるにつれ理解するのが難しくなります。
主語が長くなると、どこまでが主語か分かりづらくなります。

Learning English grammar is not so difficult.

「英語の文法を学ぶことは、そんなに難しくない」
is というbe動詞があるので、主語はその前の learning English grammar になります。
文をある程度のかたまりとしてとらえられるようになり、理解しやすくなります。

Learning English grammar / is not / so difficult.

英語を頭から理解する手助けにもなります。
これから新しい単語がでてきた時は、品詞が何かも覚えるようにしましょう。