問題を解けた中学生
勉強したところ、本当は身についてないかもしれません。

勉強してるけど、点数が上がらない生徒は「できるつもり」になっている可能性があります。
勉強する時に、分かる範囲のところだけを勉強していることがあります。
分かっている範囲の問題は、すぐに解けて気持ちがよく、勉強している感がでます。

勉強の習慣が身についていない生徒が、勉強を始めるためのスタートとして、分かってる範囲から始めるのは効果があります。

でも、勉強が身についている生徒にとっては、勉強になっていないので、成績アップにはつながりません。
問題を解く=アウトプットことができるか、しっかり確認しておきましょう。

解けない問題があったら、それは分からないところ、苦手なところを潰すチャンスです。
「できなかった」で終わりではなく、なぜ間違えたかを確認して解ける問題を増やしていきましょう。