勉強の仕方
基礎概念からの理解
まずは概念をしっかり理解

勉強方法や塾を調べたりしてて、見たり聞いたりしたことがあるかもしれません.
「つまり、どうゆうこと?」ってなりません?

私が思う勉強するうえでの基礎となるものです。
大人も理由も分からず、ただ「覚える」というのは、つまらなくて、苦しいですよね。
でも、何かしら「覚える」内容や関連性が分かっていると、頭に入ってきやすくなります。

ゲームで、このアイテムはこうゆう効果があって、こうゆう時に使うなど、あっという間に覚えますよね。
「こうゆう状況だから、このアイテムを使おう」=「この問題には、この公式を使おう」ということです。

ですから、根本の「考え方を理解」してほしいと思います。
単に公式や決まりを覚えるのではなく、「どうしてそうなるか」を理解します。
「なぜ、そうなるの?」「どうして、そうするの?」を理解することで、「暗記」は単なる「丸暗記」ではなく「意味をもった暗記」に変わります。
「意味を理解」するからこそ、問題への応用のバリエーションも広がります。

勉強することって、「苦しいもの」「辛いもの」「がんばらなきゃいけないもの」ではないと思うんです。
「わかった!」「できた!」って感覚は楽しいですよね。
その感覚を生徒がたくさん味わえるよう、私は日ごろから準備をしています。
私が思う「勉強の基礎」でした。