テストの点数をあげる方法
テストの点数が上がるには…
×が〇に変わる、つまり解ける問題が増えることです。
なんで間違えたかに注目してみましょう。

数学の場合
・計算ミス
・解くのに必要な公式を知らなかった
・公式は知ってたけど、どう使うのか分からなかった
など、いろいろあると思います。

間違えた問題の解説を見て、理解して、また解いてみます。
間違えなくなるまで、繰り返します。

勉強が嫌いな子や、早く終わらせたい子は問題を解いて、「できた!」と、勉強を終わらせがちです。
次に楽しみな予定があるかもしれませんが、ここで勉強終わらせると効果がほとんどなくて、もったいないです。

間違えた問題は、できるまで解いて勉強となります。
問題集などに直接答えを書くと、次に問題を解く時に答えが分かってしまいます。
できるだけ、答えは別のノートに書くほうがいいでしょう。

どう考えて、その答えを出したか確認できるように、後で読めるくらいの字で書きましょう。

正解できる問題が増えることで点数が上がります。
解けない問題が分かることは、勉強するところが分かるチャンスです。
過去のテスト問題を出してきて、確認してみましょう。