理解できた中学生
公式や解き方を知ったら、解説をそのまま覚えるのではなく、自分の言葉で説明できるようにします。

要約する練習にもなり、理解が深まります。

計算問題や英単語の暗記は毎日やりましょう。
毎日やることで、速く正確にできるようになります。

テスト形式の問題をたくさん解きましょう。
自分の苦手なところや理解できていないところなどの把握できます。

問題が解けて、答えがあってても、解説は読みましょう。
選択問題は「正解したから、次!」ではなく、「正解した選択肢を選んだ過程が合ってるか」、「他の選択肢はなぜ間違ってるのか」理由を考えることで、さらに理解できます。

「勉強はしてるけど、成績が上がらない」というお子様は 勉強時間だけにとらわれず、どうやってるかを意識しましょう。
勉強時間を確保しつつ、内容をしっかりしていけば、成績は上がります。

ただ、お子様一人でやるのは結構難しいので、ご家族の協力が必要になります。
そうは言っても、
「仕事で勉強を見る時間がない」
「子供と話すと、喧嘩になってしまう」
など、なかなか難しいです。

そんな時は第三者の力を借りましょう。
すでに塾に通っている場合は、塾でのお子様の様子を聞いてみてください。塾も喜んで教えてくれるはずです。
保護者の方はお子様を心配して言ってるけど、お子様は聞く耳もたずで喧嘩になってしまうこともあるかもしれません。

そんな時は塾の先生に相談してみましょう。塾からお子様に伝えてもらうんです。
お子様も学校の先生とも親とも違う第三者の言うことは素直に聞く場合があります。
勉強してるけど成績が上がってないのであれば、今のやり方を変えましょう。