講師について

木村秀聖
英語講師

 

はじめまして。木村秀聖(ひできよ)です。

1974年五所川原市生まれ

 

中学生の時の成績は5教科平均90点弱、高校の時はほぼ最下位のような極端な成績でした。

成績の上位も下位も経験したからこそ、勉強の習慣の大事さをお伝えしています。

 

どんな学生だったかというと…はっきり覚えてないんですが

中学生の時

親に言われなくても自分で勉強していました。特に勉強が好きだったというわけではなかったです。

毎日2、3時間勉強してたと思います。

友達と遊んでた記憶もあるので、勉強ばっかりというわけではなさそうです。

この時に勉強してた英語は基本で、しっかり基本を身につけました。

あとあと、この基本が活きてきます。

 

高校生の時

全然勉強しなかったです。

バレー部でしたけど、そんなに夜遅くまで練習してたわけでもなかったのに、勉強しなかったです。

毎日何してたか分からないけど、勉強した記憶がありません。

そんな私の成績は、やはりというか当然悪かったです。

それでも、なんとか大学に行けました。

 

大学生の時

授業で英語があり、また勉強しだしました。他の教科もきちんと勉強しました。

他の生徒が就職活動に入る頃、私は留学を決めました。

誰かに勧められたわけでもなく、本当になぜか留学を決めました。

当時はネットがなかったので、本を買って留学先を調べて、学校の資料をもらって、申し込みをしました。

その時は英語は全然話せなかったです。

 

留学先で

最初はホームステイでした。運よく、素晴らしいホストファミリーでした。

単語を書いて覚えるような、いわゆる勉強というものはしませんでした。

中学生の時に勉強したことは基本で、そ

ただ、「話す」「聞く」は、たくさんしました。

日本にいる家族に無事を知らせる週1回5分ほどの連絡以外、日本語を話さなかった時期が半年ほどありました。

自分の思いや考えを伝えられる喜びを知った時期です。

 

中学生の時に身につけた基本が、この時期に活きてきます。

思いついた単語を並べるだけでない、文章を作れました。

もちろん、文章を作る時間はかかってましたが。

 

留学先での経験や思いをたくさんお伝えしたいくて、きりがありません。

今、英語を話せるようになる過程をまとめています。

読んでみたい方がいたら、お伝えしたいと思っております。

 

 

このような経験をした私だから、お子様に伝えられることもあります。

変化の激しい時代を、自分が創り出した選択肢で輝いて生き抜いてほしいと思っています。

「勉強が分からなくて、つまらない」

「やっても、どうせ分からない」

そんなお子様の冷めた心に、火をともしたいのです。

 

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

最後に少しglitterのレッスンをご説明いたします。 

 

日本人だから分かる英語と日本語の音の違いをアルファベットひとつひとつ丁寧に説明します。

家庭教師として10年間指導した経験を活かし、マンツーマンで楽しく身につくレッスンを行います。

個人経営の教室のため、講師の入れ替わりがありません。そのため、お客様の学びのサポートを安定して行うことができます。また、継続できる関係を築くことができます。

レッスンや、学習についてなど、不安や疑問がある方は、お気軽にメールしてください。

翌営業日には、お返事いたします。

メール問い合わせ.gif