家庭でも塾と同じ勉強ができる理由

AI搭載型ドリル

つまずきポイントが分かる

一人ひとりの理解度に合った問題を出題するため、自宅で1人でも勉強できます。

 

理解したらすぐにドリル、その場で添削

ドリル(ヒントと質問).jpg.png

「分かった」と思っていたけど、問題を解こうと思ったら間違えてしまう。

ポイントは、「理解」の後の「定着」にあります。

授業で理解した後すぐにドリルが始まり、理解した記憶が新鮮なうちに定着させます。

間違えたら、その場で添削。

「何をどのように間違えたのか」を解説し、知識の定着をサポートします。

 

システムが自動判断する「つまずき診断」

例題国語.png

解けない原因を自動的に診断し、「今必要な問題」を出題します。

そのため、つまずきを確実に克服しながら、次の単元に進むことができます。

 

一人ひとりに合わせた難易度

例題英語.png

学力に応じて出題される問題の難易度が変化します。

簡単すぎず、難しすぎない問題が出題されることで、適度な達成感を得つつ、自信を深めながら学習を進めることができます。

 

理解の定着を深める様々な問題形式

中学数学.png

選択式しかないドリルは、あてずっぽうで答えやすく、何度かやってるうちに答えを覚えてしまいます。

グリッターの教材は理解を定着させるため、記入式を採用しています。

英語では、「並び替え」「記入」「聞き取り」など多彩な解答形式で、実践的な学力を身につけます。