お知らせ

2021/05/28

返ってきたテストには情報がたくさんあります

定期テストの結果はどうでした?

「終わった!」とほっとして、そのままにしてたら、もったいないです。

 

テストには大事なところが出題されます。

分かっていない大事なところを知るチャンスです。利用しない手はないです。

 

よく、テストが返ってきたら「見直す」と言われています。

どう見直すのがいいのかというと……

「どう答えたか」です。

  1. 自信があって答えた
  2. いろいろ考えて、答えを出した
  3. 全く分からなくて、答えられなかった

 

1で間違えた場合、単純なミスの場合もありますが、勘違いして覚えてる可能性もあります。

現在完了形で答えるところを過去形で答えた場合は、理解不足となります。

もう一度しっかり理解します。

 

2で間違えた場合、あと少し何かの知識が足りなかったり、知識の使い方が分からなかったなどがあります。

問題をたくさん解いて、覚えてることの使い方をマスターすることが必要です。

 

3の場合は、勉強不足です。

学習計画の見直しが必要になります。

 

間違った問題の解説を見るだけだと、分かった気になるだけなので、もう一度「解きなおし」ましょう。

テストを正しく「見直す」ことで、次のテストの点数が上がるチャンスになります。

 

テスト前の勉強の計画も振り返ってみましょう。

  • 勉強時間は十分とっていたか
  • 計画していたけど、できなかったことはあるか
  • 計画に入ってなかったことはあるか(やっておけばよかったと思ったこと)

など、次のテストに活かせることがたくさんあります。

 

テスト勉強の計画や返ってきたテストは、たくさん良い情報が詰まってます。

ぜひ見直してください。